自営業の方は国民年金基金が良い?

全額免除、一部免除、そして、学生納付特例、若年者納付猶予を受けている人は、国民年金基金の対象にはなりません。
ですから、注意してくださいね。
自分で国民年金保険料を支払っている人は、国民年金基金に入れると考える事がわかりやすいですよね。
(笑顔)会社員の人は、厚生年金に入っています。
ですから、国民年金基金には加入できません。
このような人が、老後のお金を備えておくと言う場合、貯金すれば良いと言うことですね。
また、銀行預金でもそれは可能と言えます。
それても良いでしょう。
また、生命保険を掛けておくことで、満期で入ってくるお金もあります。
それでは、何故、銀行預金ではなくて、国民年金基金を利用する人が増えているのでしょう!?それは、公的な基金を利用すると、節税の効果があるからですね。
国民年金基金を利用した場合、ずばり税金が安くなると言うことです。
(笑顔)掛金にについてですが、全額所得控除の対象となります。
ですから、それまでの所得税、住民税が安く変更することになります。
個人年金と言うのは、通常ですと年額5万円しか所得控除されません。
仮に、課税所得金額が400万円として、国民年金基金に掛けたお金が年額30万円とします。
このケースは、どのように節税になるのでしょう?ですから、その分、国民年金基金の掛け金が実質約には24万円だけとなります。
ほけんの窓口の評判は?無料相談口コミと体験談!【予約必要?】