産婦人科の看護師は忙しい?

昨今では診療科目を問わずに医療機関が不足しているので、どの医療機関でも目が回るほどに忙しい事が多いものです。
しかも、不規則な勤務時間の連続で体調を壊してしまう看護師の数も多いため、看護師の数が不足していて患者さんを受け入れられないジレンマに陥っている医療機関も少なくありません。
そのため、どの医療機関でも産婦人科はてんてこ舞いの忙しさになる事が多いようです。
産婦人科での夜勤も、もちろんその業務は行います。
しかし、産婦人科の場合には、緊急の分娩が入ってくる事も多いですし、分娩が入ると朝までかかりっきりになる事も少なくありません。
そのため、産婦人科は日勤でも夜勤でも、同じぐらいてんてこ舞いに忙しくなってしまうわけです。
夜勤も昼間と同じぐらいに忙しい事が多い産婦人科病棟では、そういった仮眠もほとんど取れないのかもしれませんね。
産婦人科を専門としている看護師で、家庭と仕事の両立を目指したい看護師にとっては、できるだけ忙しくなく、定時で上がれる職場が理想という人もいると思います。
不妊症の治療をメインに取扱う婦人科クリニックの中には、予約患者のみというクリニックも少なくありません。
看護師転職の求人の探し方はどうすればいい?