NISAは具体的にどうやって活用できる?

今回は具体的なNISA活用法をご紹介していきます。
まずNISAの商品は基本的に株式と考えて問題ありません。
よって国内株式・外国株式・投資信託の3つの中から選ぶ事が可能です。
今回は国内株式を100万円分購入した場合を例に挙げます。
思惑通りに株価が上昇し、150万円まで資産が増えたとすると、あなたの儲けは単純計算して50万円となります。
すると証券口座の場合は50万円に対して税率20%が課されるため、10万円を税金として収める必要があります。
しかしNISA口座で同じ取引をした場合、この10万円がまるまる非課税扱いされるのです。
そのためNISAは長期の投資スタイルに向いた口座となります。
10万円が手元にあると、次の投資資金に回して福利を狙う事も可能です。
使い方をイメージしてNISAを活用する事が大切です。
NISA口座開設のおすすめ金融機関は?【証券会社人気ランキング】